フコイダンを摂取する際に気をつけたいこととは

category01

フコイダンは、海藻類のネバネバのもととなっている成分です。海藻類は、このネバネバがあることで過酷な環境下で生き抜いたり、乾燥から身を守ることができています。

そしてフコイダンは、人間の健康や美容に対しても良い効果が期待できるとされています。


たとえば胃の粘膜を保護すると共に、胃がんなどの原因にもなるピロリ菌の除去に対しても作用を持っていると言われています。


また免疫力の要であるナチュラルキラー細胞を活性化させる作用もあることから、免疫力の上昇、それに伴うアレルギーの予防、改善にも効果が期待できるとされています。美容面においては、その粘り気が肌の潤い保持に作用をもたらすとされており、最近ではフコイダンが含まれたスキンケア製品も登場しています。


ただし健康や美容に対しての効果を期待したいのであれば、摂取する際には以下のような点に気をつけるのが望ましいです。

知って得するフコイダンに関して悩んだら、是非お試し下さい。

まずは低分子化されたものを選ぶと言うことです。

フコイダンは、20万以上の分子から成立している成分です。

あなたに合った条件のT-SITEを情報を幅広くご活用下さい。

そのため、そのままの状態で摂取すると消化、吸収に時間がかかりやすく、体への負担が大きくなることが懸念されます。


また体への吸収率と言う点においても、分子が大きいままではあまり良いことは望めないので、できるだけ低分子化されたものを摂取するのが望ましいと言えます。
それからもうひとつは、特にお腹のゆるい人は、摂取し過ぎや摂取頻度に気をつけたいと言う点です。これはフコイダンが食物繊維であるためです。
そのため腸内環境の正常化に効果が期待できるのですが、お腹がゆるい人は、過剰摂取や摂取頻度が高いと、下痢を起こしてしまう可能性もあるためです。



どんな成分も過剰摂取は良くありませんが、自分の健康状態と照らし合わせながら、適度に摂取するのが望ましいです。

健康の秘密

category02

フコイダンは、天然に存在するL型のフコースを主要な構成糖とする多糖類であり、平均分子量は約20万とされガンに対する効果が注目されていますが、血液凝固阻止作用やコレステロール低減作用、肝機能向上作用、抗HIV作用、花粉症及びアトピーなどへの有効性も注目されています。しかし、人間の体は分子量3、000を超える栄養素を吸収出来ない為、分子量の大きなフコイダンは中性脂肪の素となる脂質トリグリセリドと同様に消化分解しない限りほとんど吸収されないのが現実です。...

subpage

知識を増やす

category02

フコイダンは褐藻類で海藻の中でもワカメやメカブ、コンブ、ワカメ、モズクなどにみられるヌメヌメした部分に存在する特有の成分です。近年はフコイダンに関しては研究がとても盛んにおこなわれており、その名前も広く知られるようになりました。...

subpage

健康が気になる方

category03

サプリメントの原料として広く活用されるようになってきたフコイダンには、さまざまな健康効果が期待できると言われています。そのうちの一つが、免疫力を向上させる効果です。...

subpage

最新情報

category04

ワカメなどの海藻類は、独特の粘りを持っているのが特徴です。その粘りを構成しているのがフコイダンと言う成分です。...

subpage