フコイダンとは〜その正体や期待できる効果など

ワカメなどの海藻類は、独特の粘りを持っているのが特徴です。

その粘りを構成しているのがフコイダンと言う成分です。
フコースと呼ばれる糖を主体とした成分です。

フコイダンが有名になってきました。

この成分によって構成されている粘りをまとうことにより、海藻類は、過酷な海中においても生存することができていると言われています。

NAVERまとめのクチコミ評価が高いです。

またダメージを受けた際にも、この粘りにはその程度をやわらげたり、回復を早めたりする作用があるとされています。
このように海藻類にとっては非常に有益なフコイダンは、最近の研究で人間の体に対しても良い効果が期待できると言うことが明らかにされています。
どのような効果が挙げられるかと言うと、まずは免疫力を高める作用です。
免疫力を高めるためには、ウイルスに感染した細胞を攻撃する細胞、ナチュラルキラー細胞が活性化されることが必要なのですが、フコイダンにはその作用が期待できるとされているためです。


そのため抗ウイルス作用だけでなく、抗アレルギー作用も期待できるとされています。
されから胃粘膜の保護、それによるピロリ菌感染リスクの低下に対しても、効果が期待できるとされてます。これはフコイダンには、胃の粘膜に存在しており、ピロリ菌の大好物である硫酸基の代わりになる作用があるためです。



そのため胃の中にこれがあると、ピロリ菌がそれにおびき寄せられ、そのまま排出されてしまうと言うことです。更にフコイダンは水溶性食物繊維でもあることから、腸内環境の正常化や、余分な脂肪分や糖分を抱え込み、それを排出する作用も期待できます。また肌の潤いに対しても効果が期待できることから、美容面にもメリットがある成分だと言えます。