フコイダンの効果と種類

フコイダンは、天然に存在するL型のフコースを主要な構成糖とする多糖類であり、平均分子量は約20万とされガンに対する効果が注目されていますが、血液凝固阻止作用やコレステロール低減作用、肝機能向上作用、抗HIV作用、花粉症及びアトピーなどへの有効性も注目されています。

あなたのご要望に応えるフコイダンのマニアックな情報をお届けします。

しかし、人間の体は分子量3、000を超える栄養素を吸収出来ない為、分子量の大きなフコイダンは中性脂肪の素となる脂質トリグリセリドと同様に消化分解しない限りほとんど吸収されないのが現実です。

4yuuu!の様々な情報を掲載しています。

現在では、体内での吸収率を向上させる為に熱水処理やバイオマス熱水処理などにより分解精製され、より吸収率の良い分子量500程度の低分子の製品も市販化されています。

低分子量のフコイダンは、血流に乗って身体全体の細胞に行き渡り、ガン細胞に対するアポトーシス作用や免疫賦活作用などの効果を発揮する一方で、抗悪性腫瘍剤に用いられているプラチナ錯体シスプラチンの相乗効果により、ガン細胞の細胞死アポトーシス作用を向上させる効果があります。



しかし、フコイダンは腸のパイエル板表面のM細胞に高分子が取り込まれることで免疫系が活性化し、結果としてガン細胞の増殖抑制を発揮されるので消化されず腸まで届く高分子の効果も重要視されています。


その為、現在では特殊製剤法やナノ技術を応用したカプセルに低分子のフコイダンを充填し、消化されること無く腸まで届く製品も市販化されています。